忍者ブログ

Home > FFXI - 日常

FFXI - 日常 Archive

[PR]

  • 2017-10-24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • Comments (Close):
  • TrackBack (Close):

たぶれったーー!!

こんにちは、えてるなです。

今回のエントリのタイトルは「追加NMにハマりかける。」でお送りする予定でしたが、予定を変更してお届け致します。







まさかモグタブレットを取れる日が来るとは思いもしませんでしたが…。
1個目の発見ログが流れたことを教えてもらって、丁度そのときフリーだったんですよね。で、なんとなく沼な気がして行ってみたらありました。

ちなみに副賞はノーブルベッドでした。染めて飾りましょうかねー。



さて、2009/11/10のVUで大量に追加されたNMですが、結構エクレアで欲しいものがあったりします。特に、2つセットでコンビネーションが発動する耳や指ですね。
ですが、ネット上の報告を見ているとかなりドロップが悪いみたいです。

実装直後から狙っていたのはこいつです。ジャグナー[S]のカブト、Boll Weevil。


某掲示板ではトレハン4シーフでも10回以上出なかったとか、片方はでたけどもう片方にハマったとか報告多数のカブトさんです。
ちなみにドロップはこちらです。

ナーサティヤリング Rare Ex 被物理ダメージ-1% コンビネーション:HP+50 MP+50 Lv55~ All Jobs

クロ巣のDynast Beetleが落とすダスラリングとセットの装備ですね。
最初は細かい情報も出てなかったので、結構独占的にやれてたんですが…ドロップしなければ意味がないわけで。
ちなみに現在、サポシにてBoll Weevil:0/12、Dynast Beetle:0/2。…うーん、弱音を吐くにはまだ頑張りが足りてませんね。実は上記くらい狩ってライバルも常時になってきた頃に、体を壊してしまって3日くらい寝込んでたんですよね。そのあとどうにも、取り合う元気が戻らなくって。

代わりに、ライバルがとてもとてもいなそうな、こいつを狙ってきました。ゲルスバ砦の戦車NMです。


こいつは報告を見る限り、それなりにドロップがよさそうな(情報ほとんどないんですけどね)感じでしたが、サポシでもなんとか5匹目でドロップしました。

フルーガルケープ Rare Ex 防1 リサイクル Lv23~ 戦モ赤シナ暗獣吟狩侍忍竜青コ踊

リサイクルの性能はまだ検証してませんが数%程度の予感です。

ちなみにこんなのも結構欲しくてちょくちょく見ているんですが、地味ながら狙ってる人がいつもいますね。


ドロップはこんなかんじで、地味に最終レベルのAGI耳っぽいです。

アルトドルフピアス Rare Ex 飛命+1 コンビネーション:AGI+8 Lv60~ All Jobs
PR

じゅうよん、発表される。

こんばんは、えてるなです。

E3で発表してきましたね、「スクエニの次世代MMORPG」改め、FF14。

GIGAZINE - 突然発表されたPS3ソフト「FINAL FANTASY XIV(FF14)」の世界観が明らかに、HD画質のムービーも http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090603_ff14ss/

公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com/

  • プラットフォーム:PS3、Windows
  • 発売時期:2010年
  • ジャンル:MMORPG 

 世界の名前はヴァナディールではないのですが、どう見てもガルカな方が戦ってたり、イラストにエルっぽい人やタルっぽい人もいて、なんかあんまり変わる気がしませんね。

間違いなく引き継ぎはないでしょうから、「FF14へ移行」「FF11を引退」という話が出てきますよね。僕はどうするんでしょうか。まずそもそもFF14をやるかどうか。FF11の終了とともに真人間…もとい、ただのオフゲーマーに戻るのか。やるとして、FF14が出た瞬間に移行するのか。両立させるのか。

…といろいろあるんですが、今の段階ではなんともわかりませんな。FFの場合は周りのみんながどうなるかもありますし。うん。なるようになるでしょう。というか今の段階ではどっちでもいいやと正直思っております。

 

FF14に対して期待したいことは、とにかくこれしかありません。

「FF11のサービス運営を通して得られたことを、きっちり活かしたゲームにすること」

どういう仕様のコンテンツがユーザにうけたのか。うけなかったのか。それは大枠のゲームデザインでもそうですし、細かい仕様もそうです。ゲーム内コンテンツ一つとっても、1団体占有じゃなくてインスタンスエリアにして、でも入り口混雑するからそこは対策を打って、とか。複数の人間が集まるコンテンツをやるためには、ユーザはどういうところで苦労するのか。開発陣が面白いと思ったのに、面白いと思ってもらえなかったのはどういうもので、何が原因なのか。

そういうのがちゃんと整理できて、糧になっているかを問いたい。

僕はFF11のゲームデザインはゲームとして気に入っているんです。そこからどのくらいデザインが変わるかは関係なく、サービスとしてどれだけグレードアップ・シェイプアップ出来るかだと思います。

結構難しいことを言ってるとは思いますけどね。でもスクエニはこれだけのサービスを運用して、それだけの資産を得るチャンスがあったのだから、それをぜひ活用してほしいものです。

正直、ユーザの要求レベルも上がってますからね。相当気合い入れて頼みますぜ。

 

個人的にはジョブチェンジシステム止める方向ならFF12の成長システム的なものがいいなぁ。当然全方向は極められないとして。もしくはもうサガ的、ラスレム的にしちゃって下さい。

 

おまけ。

    • プロデューサー:田中P(御大)

    • ディレクター:河本氏(ぷろましあのひと)

    • アートディレクター:吉田氏(ベイグラ、FF12など)

    • 音楽:ノビヨ師匠(植松氏)

植松さんや吉田さんは期待を抱かせるに足る告知だと思うのですが、スタッフを4人だけ告知する中になぜこのディレクターさんを入れるか。まぁそりゃディレクターだから入らないとむしろおかしいんだけども。

このディレクターの人にこそ、今回上で書いたことをぜひともお願いしたいっ。いや、マジで。

サブタゲマクロが。

こんばんは、えてるなです。

最近ちょっといい調子だったのにまた11月丸々あいてしまいました。
11月はちょっと裏やサルベなど定期的なのをこなすので精一杯でした。リアルの忙しさもそうですが、精神的にあまりはまれなかった感じでした…。まぁそんなときも多々あります。

さて、気付けば12月VUが終わっていたわけですが、主に白からの視点で、いくつか小物ながらもうれしいネタがありました。

 

白魔法「レイズ」や黒魔法「トラクタ」の効果を受けるか否かの選択肢が表示されているPCに対して、その他のPCから同種の魔法が詠唱できないよう変更されました。

これはシンプルに「不便」だったものがちょっと快適になるという変化ですので、良いですね。トラクタ<>レイズの間でも適用されるのかな?

 

魔法やアイテムによるリレイズの効果が、「ディスペル」や「無の歌」などで消されなくなりました。

これも地味ながらありがたいですね。
ところで、最近エンチャント系リレイズがレベル制限エリア突入やサルベ、新裏サポジョブ解放などでも全く切れなくなってましたよね。もしや今回の↑の修正によって魔法も…!?とか思ってやってみたんですが、やっぱり消えました。残念。
(試したのは魔法リレ1、アサルト合同突入時です。エンチャントリレイズは消えないのをサルベで確認。)

 

サブターゲットの、パーティ用、アライアンス用の新たな代名詞<stpt><stal>が追加されました。
この代名詞を使うことで、パーティおよびアライアンスメンバーであれば、現在画面上にいないキャラクターでもターゲットとして扱うことが可能です。使用した際には、パーティメンバーのステータスを表示しているウィンドウ内にターゲットのアイコンが表示されます。なお、画面上のキャラクターにはターゲットのアイコンは表示されません。

なんというか、初見では「にほんごむずかしい><」な告知文でしたが、つまりはサブターゲットカーソルを出さない<st>の実装ですね。
カーソルを出さないことが何を意味するかというと、「カーソルで指しているPCが点滅したときにカーソルが外れることがなくなった」ということですね。今まで、着替えによってカーソルが外れ、盾へのケアルが届かなかったり、状態異常回復が届かなかったり、いろいろあったわけです。前衛でなくても、上下キーでPT/アラ内のメンバーを選んでいた僕のような人は途中の人が丁度着替えるとそこでカーソル外れちゃってたんですね。それが解決するはず。

あとそれの副作用として、マクロで魔法の前に着替えを仕込みたい場合、つまりファストキャストや詠唱速度アップ系の装備を組み込みたい場合に使えます。例えば、今までは

  1. /grin motion <st>
  2. /equip 両足 ケアルクロッグ
  3. /ma ケアルV <lastst>

とやらないと、自分の点滅でサブターゲットが外れちゃったんですが、そういうこともなくなります。また、1行目をなくすことができるので、着替える部位を1箇所増やせますね。まぁ、ケアル5の着替えにそんなに頑張らなくてもいいんですが…。

実際にはこんな風に見えます。左が<st>。右が<stal>です。

<stal>は、<st>と比べて

  • PTメンバーの名前+HPMPバーのところの横に青カーソルが出て、これを動かす(<st>だと黄色カーソル)
  • 合わせている人をTargetとして別表示しない
  • どんなに離れていても、カーソルを合わせることができる(<st>だと届かない人はとばされる)

という特徴があるようです。青カーソルは黄色に比べてどうも地味で見づらくなってる気がしますね。

とりあえず白用のマクロを変更して、今日、サルベで通して使ってみました。
自分にとっては青カーソルだけで動かすのはそれほど違和感がなかったですね。距離に関係なくタゲることが出来るというのも、上下キーを何回押せば○○さんに合わせられる、というのが確定しているので、上下カーソルが行き過ぎることが少なくなった気がします。

ただ、明らかなデメリットとして、PT・アラ以外カーソルが行かないということに注意です。つまり、辻ケアルやビシージ・カンパニエ・特殊BFなどでNPCへのケアルができません。先ほどアサルトの合同に行ったときにNPCをタゲれずちょっと焦りました。これはかなりきついので、現状の仕様では従来通りの<st>系とセットを2つ用意して、場面ごとに使うセットを切り替えることになりそうです。

結局、上下動作に関しては僕の場合今までと何も変わらないので、あとは青矢印だけで的確に相手を選べるようになるか、だと思います。とりあえずしばらく使ってみることにします。シビアな戦闘では重宝すると思うんですが、どうでしょうか。

Home > FFXI - 日常

Calendar
« 2017 10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Recent Entry
Search
Categories
Archives
Recent Comments
Trackback
Feeds
Link
Copyright

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Page Top